☆初心者ポケモンカード道☆

26歳社会人が15年ぶりくらいのポケモンカード始めました。その成長の過程を見てやってください。

イーブイ最強愛決定戦(後半)

 

(前半からの続き)

 

14時15分より抽選開始。20人強から8人が選ばれる。

抽選というと、夏休みにスカイツリーポケセンでのシールド戦であっけなく外れたのが記憶に新しい。今回も、当たらない確率のほうが高いので「外れたらアキバでも行くかな」と次のことをぼーっと考えていると、なんと自分の番号が6人目に呼ばれた。「はい!」と手を挙げブースへ。

相手は初めて戦う大人の方。ニンフィアポンチョスリーブのミラー戦となった。「かぶってますねー」と柔らかい雰囲気で対戦準備を始める。後攻となってしまったが、手札は安定のイーブイラルトススタートで申し分ない。相手がラボさえ打ってこなければ思った通りの展開ができるだろうと思っていた。

抽選に漏れた人やレジに並んでいる人がたくさんいたのでちょっぴり緊張するなかバトルスタート。相手はどうやらガチガチのゾロアークルガルガン。順当にアズサ展開して私のターンに。

先に山札を見てもよかったのだけど、特に問題ないと思い、それよりも先にフェアリーエネルギーを前のイーブイに貼って「エナジー進化!」とコール。そうそう、いつもこうやってニンフィアするところまでは順調なのである。後攻だとマジカルリボンさっそく打てるのでそこからが勝負なのだ。

……と、軽い気持ちで山からサーチを試みるも……ニンフィアがいない。

なぜだ。。。

このデッキ使って初めてのサイド3枚落ちをくらう。山札下から上、上から下と往復して「……んー、いないっすね笑」とつぶやくと相手さんも大きくのけぞり「マジっすか」と。もはや相手に申し訳ないくらいのグダグダな初手。どうにかこうにかベンチ展開して相手に番を返す。ブース内のポケセンスタッフの方が二人ちらっと卓に目を配られましたが、きっと前でなぜかフェアリーエネルギー貼っただけのイーブイを見て怪訝そうに、あるいは気の毒に思ったことでしょう。

相手方は理想的なゾロルガ展開で、こちらのテンポロスを取りこぼすことなく、その後無駄なくサイドを取り切られました。1枚もめくれなかった私のサイドからは可愛い顔したニンフィアが3枚。完全にそっぽ向かれちゃいました。カードの枚数は足りていたはずなのに「愛が足りなかった」というやつですね。私が普段からラランテスラランテス言っていたからでしょうか。ニンフィアも可愛くて好きですが。むーーー。まぁ、そういうときもありますね。

ということで準々決勝敗退。15時前後になっていたので、17時のチェルモのジムバトルを目指してそのまま桜木町から京浜東北線秋葉原へ。

 

こちらのほうは2勝1敗で準優勝でした。ニンフィアを抜いて(恨んでいたわけではないです)、ゾロアークサーナイトに組みなおして頑張りました。最終戦は先1でラボでふたされて窮屈な状態で、さらにマッシブーンをとてもうまく使われてしまい負けました。とは言っても3戦ともポケカらしいポケカで、他の参加者さまとも仲良くなれましたので大変有意義なジムバトルでございました。

 

この日はとにかくサーナイトGX立たせまくってインフィニットフォースを打ちまくって楽しかった。サナに魅せられて使い始めてジムバトルでも勝て始めた少し前の夏休みの日々を思い出すくらいのサナ日和だった。嬉々して帰りにトレカの洞窟でサーナイトGXのSRを買ってしまった。今まで全部RRの安上がりでまとめていたところ、ちょっと奮発してしまった。(実は前の記事の写真は今日帰ってきてから撮ったものでした)f:id:mayucho:20171013011522j:plain

 フルイラスト本当に美しい。

 

そんな1日でした。連休最終日にどっぷりポケモンカードに浸りました。次の休みが待ち遠しいですが、またしばらくはお仕事がんばろうと思います。