☆初心者ポケモンカード道☆

26歳社会人が15年ぶりくらいのポケモンカード始めました。その成長の過程を見てやってください。

コミケで賑わう秋葉原で・・・・・・

さてさて、午前中に部屋の掃除と勉強を少しだけ進ませ、昼からはポケカ

まずは神奈川で2戦。その後、秋葉原で3戦してきました。

 

神奈川の2戦はどちらも接戦でしたが敗れました。あと1ターン回ってくれば、というところまで行くのにいつも最後で押し切られてしまいます。

その後アキバに移動し、時間があったのでいろいろ考えながらシングルを見て回っていました。

ブルルラランテス以外にはキュウコンジュナイパーに手を出してみましたが、次は何を試してみようか。

今までに相手したことは少なかったですが、これも環境で名を馳せているサーナイトGXを使ってみたいと思いました。ラランテスと同じく可愛いし、旧裏時代には無かったフェアリータイプを使ってみたいという気持ちもありました。ちょっと高かったですが、ニンフィアGXその他トレーナーズをいくつか揃えて、帰ってからフェアリータイプ中心の新しいデッキを作ろうと考えていました。

 

さて、夕方より開催された大会。オーガナイザー主催による大会に初めて参加しました。まだ明るい時間だったので小学生プレイヤーもいました。他の会場でバトルしたことのある人も見かけました。

1回戦目。小学生プレイヤー。偶然にも彼女が使っていたのがちょうど、ニンフィアGXを添えたサーナイトGXデッキでした。序盤はニンフィアGXによる3枚サーチで進化カードを揃え、あっという間にサーナイトGXを2体並べられました。こちらも場展開は自分の思い通りにできましたが、エネルギー加速したサーナイトGXのインフィニットフォースにこちらの3枚張りラランテスGXやカプ・ブルルGXが刺さりまくって4-6で負け。サイドレースで競っていたといえば競っていたが、盤面的には最終的に大きく後れをとってしまっていたという感じである。にしても、このカードゲームのちびっ子プレイヤーたちは礼儀正しい子が多くてよい。お互い気持ちよくプレイしましょうのポリシーを紳士的に体現している子が多い。素晴らしい。

2回戦目。ブラッキーゾロアーク。両者うまく回っていない気味で長引き、あとこちらのターンが回ってくれば前のGXを倒せてこちらの勝ち、という直前で時間切れ。サイド同数。山札残り枚数でこちらが負けてしまった。ちくしょう。惜しかった。

3回戦目。勝ちたかったところであるが、これも負け。エンニュート中心の炎系多色デッキだった。手札が上手く回らなかった。

優勝者は1回戦で戦った小学生だった。決勝戦サーナイトGX対決で、膠着状態が続き、時間切れ。ここで両者サイド残り3枚で、決勝なのでサイド差がつくまでプレイすることに。相手にサイドを取らせない方針転換でプレイは続いたが、フラダリを引き込んだ女の子が相手ベンチのテテフをきぜつさせ勝利。拍手が起こった。

 

その後、私はオーガナイザーさんによるデッキ診断を受けた。対戦後感想を言う中でアドバイスを受けることはよくあれど、デッキを全部見せて診断してもらうのは初めてであり大変ためになった。

普段のジムバトルは違った雰囲気で、同様に楽しかったし、オーガナイザーはじめ様々な人と話したり対戦するのは良い経験となった。

 

帰宅後、1時間ほど新デッキを練ってみた。先ほどの思惑通り、ニンフィアサーナイト。明日は心機一転これで行く予定。勝てるかな。