☆初心者ポケモンカード道☆

26歳社会人が15年ぶりくらいのポケモンカード始めました。その成長の過程を見てやってください。

ジムバトル3回戦

計画通り、18時過ぎに仕事を終え、19時からの隣駅ジムバトルへ。

道中でダメカン代わりのダイスもこしらえて、先週ラランテスデビューしたカードショップへ。入店すると15分ほど前について、シングルカードで所望のカードを手に入れ、考えていたようにデッキ調整。

 

in 活力剤、活力剤、バトルコンプレッサー、バトルコンプレッサー

out ミツル、ミツル、ダート自転車、レスキュータンカ

 

で、ジムバトルスタート!!

メンバーはおよそ先週と同じ、ワイシャツ姿の社会人中心。スイスドロー方式の三試合。

1試合目は先週優勝者。ボルケニオン

初手ホウオウGXにカキでさっそく差をつけられて0-6で敗北。ダメカン不要の一撃ばかり笑

 

2試合目は先週も対戦したグソクムシャの人。しかし今日は別のデッキでサーナイト。テテフGX2体落としてもしかしたらいけるかも?と思っていたら、ベンチで育っていたエネたっぷりのサーナイトに無双くらってこれも負け。対戦が終わってからさまざまアドバイスもらえて有益だった。先週、こちらと同じ草タイプのグソクムシャデッキを使われていたときに見せつけられた活力剤の効用を見て「やっぱり活力剤いりますね」という話をしたのをちゃんと覚えてくれていて、「そういえば活力剤は?」「さっき仕入れてきました笑。バトルコンプレッサーとともに2枚積みです。」のくだりが印象的だった。

 

勝ち点なしどうしの最終戦はブルルクワガノン。マリガン2発からの初手もよくない状況から、なんとか3ターン目で活力剤引いてきて回りだす。そこからうまくラランテスGXを育てて、クワガノンやコケコを要領よく倒しながらも向こうも負けず、サイドレースに。両サイド残すところ2枚となったところでお互い予断を許さない状況。ジリジリとしたターン計算。相手バトル場はカプ・コケコでこちらサイド残り1枚まで粘り、ベンチでサンダースEXやサトシのピカチュウを育ててラストを競り勝とうという算段であったか。こちらは手札にサイドからトレーナーズポストが来て、なんとかもう一枚残っていたフラダリを引きたいところだと思っていた先、見事にドローで引き当てて!!

サンダースを呼び出し、「クロロサイズGX」+「にほんばれ」で勝利!!フラダリ引いた瞬間は鳥肌立ったし、右手で引いてきてから盤面と手札再確認して使うまでの間、若干震えていた。「では、フラダリでサンダースEX呼び出して……」で相手もハッとなってゲームセット!!ラランテスデッキ初勝利!!

 

運営担当の店員さんがすぐそこで見ていて、「いやー、いい対戦でしたね!!」と。「スイスドローでの初めてやったんですけれども、今までの中で一番大会ぽかったです!」私もとっても嬉しかった!しびれたーー

明後日は仕事休みなので、またどこかに繰り出したいところだ。