☆初心者ポケモンカード道☆

26歳社会人が15年ぶりくらいのポケモンカード始めました。その成長の過程を見てやってください。

思い出話

閑話休題

いまポケカを始めたきっかけの一つに「昔もやっていたから」というのがありました。そのあたりの思い出話。

現26歳27歳ラインって、ちょうど小学1年生のときにポケモンのアニメが始まって。その夏にいわゆる「青版」という初代ポケモンシリーズの青が発売され。確かカードもそのあたりに発売されたはず。

いきさつは覚えてないけれど、カードを初めて買ってもらった場所場面は覚えていて。初代の箱に入ったスターターを父に買ってもらったことを覚えている。

そこから小学校5年生くらいまでかな、第2世代のゲームが発売されカードも一気に増えて。小学校でもよく流行っていましたね。遊戯王やる派とポケカやる派で分かれてて。みんな頭ひねって個性的なデッキ作って遊んでましたね。

そこから確か裏面のデザインが変わって、そこでやめましたね。「今までのカード使えへんの??」ってなって、ほかにもさまざまな興味の対象が出てきて。

 

で、そこから15年くらいまったくポケモンにも触れずで今に至るという。

大きな変化はやはり、ある程度の経済力を行使できるようになったことかな。

昔はやっぱりお父さんお母さんに買ってもらえる範囲でしかカードは増やせませんでしたし、エネルギーカードすらなかなかそろわない状況でしたから。今はそういう悩みはないので、それもハマる要因の一つになったのかもしれません。

これからもたくさん対戦したい!!